中電ウイングは、平成13年4月、中部電力の経営理念の一つである「社会との共生」の具体化として、当時、社会的に就労が十分進んでいない重度身体障がい者と知的障がい者の雇用促進を目的に設立された、中部電力100%出資の特例子会社です。 

 中電ウイングの「今」をお伝えします。
 ホームページを訪れていただいた皆さまに、“ホッとして、心がやすらぐ”“ハッとして、頑張る力がわく”そんな何かが提供できれば幸いです。

 「夢に向かって全力で挑戦する」、開業当時も今も変わらぬ、中電ウイングの貫く基本姿勢です。




人は皆、障がいのある無しに関わらず、

生まれながらにして幸せに生きる権利を持っています。

中電ウイングは、「共生」と「人間尊重」の精神に基づき、

障がい者がいきいきと働くための、適切な就労の場を創出し、

働く喜びを味わい、生き甲斐と誇りを持つことを支援します。

中電ウイングは、ここで共に働く障がい者と

健常者が心と力を合わせて、

夢に挑みながら共に成長し、人と環境に優しい、

地域社会に貢献できる会社を築いていきます。